スポンサーリンク

『平安朝の生活と文学』池田亀鑑(ちくま学芸文庫)

『平安朝の生活と文学』池田亀鑑(ちくま学芸文庫)

2012年
329頁




目次(収録作品)

平安京/後宮の制度/後宮の女性/後宮の殿舎/宮仕えの動機/宮廷の行事/公家の住宅/食事と食物/女性の一生/結婚の制度・風習/懐妊と出産/自然観照/女性と服飾/服飾美の表現/女性美としての調度・車輿/女性と容姿美/整容の方法/女性と教養/生活と娯楽/疾病と医療/葬送・服喪/女性と信仰

豊かな国風文化を育んだ平安時代、その担い手だった宮廷の人びとはいったいどんな生活をしていたのか。本書は、『源氏物語』や『枕草子』などの文学作品をはじめ、さまざまな古記録を博捜し、当時の行事や日常を復元する。後宮の制度や宮仕えの動機から、住宅事情、食事と食べ物の種類、結婚と風習、懐妊と出産、美意識やその表現、美人の条件や教養、はては誤楽、疾病、医療、葬送、信仰などにいたるまで明らかにした、平安時代の女性生活百科の名著。国文学専攻の教師や学生はもとより、広く古典文学愛好家必携の書。通読するだけでも、当時の生活が澎湃として眼前に立ち現れる。

出典:筑摩書房公式サイト

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
Secured By miniOrange