スポンサーリンク

『規則と意味のパラドックス』飯田隆(ちくま文庫)

『規則と意味のパラドックス』飯田隆(ちくま文庫)

2016年
246頁




目次(収録作品)

第1章 グルー
第2章 クワス算
第3章 懐疑的解決
第4章 ウィトゲンシュタイン
第5章 規則のパラドックス
第6章 論理と規則

言葉はそもそも意味をもちうるのか? 言語を通したコミュニケーションを可能にする「規則」に、私たちは従うことができるのだろうか? クリプキはウィトゲンシュタインのなかに、こうした問いに否と答える驚くべき議論を見出した。それによれば、私たちが自明のものとして使用する「プラス」のような記号でさえ、「68+57=5」という奇妙な結果に導く可能性を否定することはできないのだ。言語に内在するこうしたパラドックスをいかに解決することができるのか。日本を代表する言語哲学者が切れ味抜群の議論で謎に挑む。哲学的思考への最強の入門書。

出典:筑摩書房公式サイト

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
Secured By miniOrange