スポンサーリンク

『そっと耳を澄ませば』三宮麻由子(集英社文庫)

『そっと耳を澄ませば』三宮麻由子(集英社文庫)

2007年
272頁




目次(収録作品)

雨の日の楽しみ/句会デビュー/帰雁の隊/季節の使者/大まじめな爆笑句/永遠の宿敵/モグラとの遭遇/味噌作り/春はおじさん/究極の履物〔ほか〕

視力を失った著者が、耳を澄ませて広げていった感性の鋭さ。通信社で翻訳の仕事を手がける毎日の雨の音、風の息吹、人の温かさなど、何気ない日常に見えてくる豊かで瑞々しい世界。第49回日本エッセイスト・クラブ賞受賞作。(解説/辰濃和男)

出典:集英社公式サイト

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
Secured By miniOrange