スポンサーリンク

『日本人の心 増補新装版』相良亨(東京大学出版会)

『日本人の心 増補新装版』相良亨(東京大学出版会)

増補新装版2009年
286頁




目次(収録作品)

新しい読者のために――「きびしさ」と「さびしさ」【苅部直】
まえがき
1章 交わりの心
2章 対峙する精神
3章 純粋性の追求
4章 道理の風化
5章 持続の価値
6章 あきらめと覚悟
7章 死と生
8章 おのずから
日本における道徳理論

はかなさを分かちあい,今に生き,自然とともに死を迎え入れようとする――私たちの「生」の,この不透明な現実感は何だろう? 「生きていること」の理解を求めて,本書は,数々の古典を手がかりに,日本人の心の海を力強く描く.新たに一つの論文と解題を加える.

出典:東京大学出版会公式サイト


[関連]
『日本人の心』相良亨(1984・UP選書)259頁
amazon

『日本人の心』相良亨(増補新装版2018・東京大学出版会)
amazon  楽天

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
Secured By miniOrange