スポンサーリンク

『新訳 明日の田園都市』エベネザー・ハワード(鹿島出版会)

『新訳 明日の田園都市』エベネザー・ハワード、山形浩生訳(鹿島出版会)

2016年
292頁




目次(収録作品)

序文 F.J.オズボーン
この版への序文 F.J.オズボーン
田園都市の発想と現代都市計画 ルイス・マンフォード
著者の序文
第1章 「町・いなか」磁石
第2章 田園都市の歳入と、その獲得方法ーー農業用地
第3章 田園都市の歳入ーー市街地
第4章 田園都市の歳入ーー歳出の概観
第5章 田園都市の歳出詳細
第6章 行政管理
第7章 準公共組織ーー地方ごとの選択肢としての禁酒法改革
第8章 自治体支援作業
第9章 問題点をいくつか検討
第10章 各種提案のユニークな組み合わせ
第11章 後に続く道
第12章 社会都市
第13章 ロンドンの将来

近代都市計画の祖、ハワードによる住民の立場から考えられた初の都市計画論。
不朽の名著、新訳版刊行。

出典:鹿島出版会公式サイト

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする