スポンサーリンク

『骨董・怪談 他』小泉八雲(恒文社)

『骨董・怪談 他』小泉八雲、平井呈一訳(恒文社)

1975年11月30日初版発行
1986年4月30日第2版発行
525頁




目次(収録作品)

骨董
古い物語
 幽霊滝の伝説
 茶わんのなか
 常識
 生霊
 死霊
 おかめのはなし
 蠅のはなし
 雉子のはなし
 忠五郎のはなし
ある女の日記
平家蟹

露のひとしずく
餓鬼
いつもあること
夢想
病のもと
真夜中に
草ひばり
夢を食うもの)

怪談
耳なし芳一のはなし
おしどり
お貞のはなし
うばざくら
かけひき
鏡と鐘
食人鬼
むじな
ろくろ首
葬られた秘密
雪おんな
青柳ものがたり
十六ざくら
安芸之介の夢
力ばか
日まわり
蓬萊
虫の研究
 蝶
 蚊
 蟻

天の川綺譚
天の川綺譚(THE ROMANCE OF THE MILKY WAY)
化けものの歌(GOBLIN POETRY)
「究極の問題」(”ULTIMATE QUESTIONS”)
鏡の乙女(THE MIRROR MAIDEN)
伊藤則資のはなし(THE STORY OF ITŌ NORISUKÉ)
小説よりも奇(STRANGER THAN FICTION)
日本だより(A LETTER FROM JAPAN)

参考資料
八雲と怪談 平井呈一

小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)の来日後、第9作品集『Kotto』、第10作品集『Kwaidan』および第12作品集(遺稿集)『The Romance of the Milky Way and other studies and stories』の三書を邦訳し一書としたもの。

八雲作品で一番有名な怪談・奇談を多く収める作品集。参考資料に八雲が取材したものの粉本(原話)が収められているのがよい。以下に示す。(原話の現代語訳はない)

「茶店の水碗若年の面を現ず」(「新著聞集」巻五 第十奇怪篇)(『骨董』「茶わんのなか」)
「猟師ほとけを射る事」(「宇治拾遺物語」)(『骨董』「常識」)
「活霊咽を占」(「「新著聞集」巻五 第十二冤魂篇」)(『骨董』「生霊」)
「嫉妬にまさる梵字の功力」(「新選百物語」)(『骨董』「おかめのはなし」)
「亡魂蠅となる」(「新著聞集」巻五 第十一執心篇」)(『骨董』「蠅のはなし」)
「琵琶の秘曲幽霊を泣かしむ」(「臥遊奇談」巻二巻)(『怪談』「耳なし芳一のはなし」)
・(「古今著聞集」)(『怪談』「おしどり」)
「怨魂借体」(「夜窓鬼談」)(『怪談』「お貞のはなし」)
「祈ッテ金ヲ得」(「夜窓鬼談」)(『怪談』「鏡と鐘」)
「轆轤首の悕念却って福を報く話」(「怪物輿論」)(『怪談』「ろくろ首」)
「紫雲たな引密夫の玉章」(本書には出典の記載がないが、おそらく「新選百物語」)(『怪談』「葬られた秘密」)
「柳情霊妖」(「玉すだれ」)(『怪談』「青柳ものがたり」)
「松村兵庫古井の妖鏡を得たる事」(「席上奇観垣根草」五の巻)(『天の川綺譚』「鏡の乙女」)
「伊藤帯刀中将重衡の姫と冥婚の事」(「席上奇観垣根草」一の巻)(『天の川綺譚』「伊藤則資のはなし」)

[関連]
(※アマゾンのページにある「新品/中古品の出品を見る」や「中古品の出品」等のリンクから詳細を確認してください。商品ページのものと実際に販売している版などが異なる場合があるので注意。)

『骨董・怪談 他』小泉八雲、平井呈一訳(初版1975・恒文社)
amazon

『骨董・怪談 他』小泉八雲、平井呈一訳(2009・恒文社)オンデマンド版
amazon

『骨董・怪談』小泉八雲、平川祐弘訳(2014・河出書房新社)

怪談/骨董

amazon


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
Secured By miniOrange