スポンサーリンク

『貧乏サヴァラン』森茉莉(ちくま文庫)

『貧乏サヴァラン』森茉莉(ちくま文庫)

1998年
238頁




目次(収録作品)

貧乏サヴァラン
食い道楽
茉莉流 風流
味の記憶
私のメニュウ
ドッキリ語録

家事はまるきり駄目だった茉莉の、ただ一つの例外は料理だった。オムレット、ボルドオ風茸料理、白魚、独活、柱などの清汁…江戸っ子の舌とパリジェンヌの舌を持ち贅沢をこよなく愛した茉莉ならではの得意料理。「百円のイングランド製のチョコレートを一日一個買いに行くのを日課」に、食いしん坊茉莉は夢の食卓を思い描く。垂涎の食エッセイ。

出典:筑摩書房公式サイト

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
Secured By miniOrange