スポンサーリンク

『銀河鉄道の夜 他十四篇』宮沢賢治(岩波文庫)

『童話集 銀河鉄道の夜 他十四篇』宮沢賢治、谷川徹三編(岩波文庫)

改版1951年
334頁




目次(収録作品)

北守将軍と三人兄弟の医者
オッペルと象
どんぐりと山猫
蜘蛛となめくじと狸
ツェねずみ
クねずみ
鳥箱先生とフウねずみ
注文の多い料理店
からすの北斗七星
雁の童子
二十六夜
竜と詩人
飢餓陣営
ビジテリアン大祭
銀河鉄道の夜

宮沢賢治(1896‐1933)の童話はその詩とともにきわめて特異なものである。「あなたのすきとおったほんとうのたべもの」になることを念じて書かれた心象的なこの童話の一つ一つは、故郷の土と、世界に対する絶えざる新鮮な驚きのなかから生まれたものである。どの1篇もそれぞれに不思議な魅力をたたえた傑作ぞろい。

本書表紙(カバー)より


[関連]
『新編 銀河鉄道の夜』宮沢賢治(改版1989・新潮文庫)

『銀河鉄道の夜』宮沢賢治(改版1969・角川文庫)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
Secured By miniOrange