スポンサーリンク

『「日本文化論」の変容』青木保(中公文庫)

『「日本文化論」の変容――戦後日本の文化とアイデンティティー』青木保(中公文庫)

1999年
212頁




目次(収録作品)

1 戦後日本と「日本文化論」の変容
2『菊と刀』の性格
3「否定的特殊性の認識」(1945~54)
4「歴史的相対性の認識」(1955~63)
5「肯定的特殊性の認識」前期(1964~76)、後期(1977~83)
6「特殊から普遍へ」(1984~)
7「国際化」の中の「日本文化論」

「日本独自性神話」をもつくり出した、その論議の移り変わりを、戦後の流れのなかで把えなおした力作。吉野作造賞を受賞したロングセラーの文庫化。

出典:中央公論新社公式サイト

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。