スポンサーリンク

『戦中派の死生観』吉田満(文春学藝ライブラリー)

『戦中派の死生観』吉田満(文春学藝ライブラリー)文庫

2015年
390頁




目次(収録作品)

戦中派の死生観 戦後日本に欠落したもの 青年は何のために戦ったか 戦中の青年たちは何を読んだか 三島由紀夫の苦悩 書いても書いても書いても…… 「戦艦大和ノ最期」をめぐって 死者の身代りの世代 死・愛・信仰 病床断想 一兵士の責任 異国にて 若者に兆す公への関心 あすへの話題 霊のはなし ニューヨークの三島由紀夫 黒地のネクタイ めぐりあい 島尾さんとの出会い 谷間のなかの日系二世 映画「八甲田山」 江藤淳「海は甦える」 海軍という世界 同期の桜 青年の生と死 伝説の中のひと 伝説からぬけ出てきた男 観桜会 重過ぎる善意

死んだ仲間は何のために戦ったのか? 戦後日本は戦争と敗戦から何かを学びえたのか? 真の愛国とは? 死を覚悟して生き残った戦中派が「日本人として生きる」ことの意味を問う。(解説・若松英輔)

出典:文藝春秋BOOKS

電子書籍・文春文庫
amazon  楽天kobo


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
Secured By miniOrange