スポンサーリンク

『ドナルド・キーン著作集 第6巻 能・文楽・歌舞伎』(新潮社)

『ドナルド・キーン著作集』(全15巻)(新潮社)

第6巻 2013年・421頁

目次(収録作品)

能・文楽・歌舞伎

序文
第一部 能 松宮史朗訳
まえがき
第一章 能のよろこび
第二章 能と狂言の歴史
 一 初期
 二 義満と能
 三 観阿彌と世阿彌
 四 世阿彌以降の能
 五 秀吉と能
 六 徳川時代の能
 七 明治時代の能
 八 近現代における能
第三章 文学としての能と狂言
 付 狂言
第四章 演技の背景
 一 能楽師の養成
 二 能の流派
 三 能面
 四 装束
第五章 能の音楽と舞
 一 音楽
 二 舞
第六章 能舞台と作リ物・小道具
 一 能舞台
 二 作リ物・小道具

第二部 文楽 吉田健一訳
まえがき
第一章 文楽の味
第二章 文楽の歴史
 一 人形 
 二 浄瑠璃十二段草子
 三 文楽をなしている三つの要素の結合
 四 文楽の黄金時代
 五 十九世紀以降
第三章 脚本と太夫
第四章 三味線弾き
第五章 人形と人形遣い
第六章 文楽の身振り

第三部 歌舞伎と日本の演劇
第一章 歌舞伎 松宮史朗訳
第二章 日本の演劇
第三章 近松と私
私の日本文学逍遥 古典をめぐって
日本文学における劇的要素 中矢一義訳
 一 劇的と劇
 二 敦盛の死
 三 劇における劇的なるもの、劇的ならざるもの
 四 ヨーロッパと日本における初期の演劇理論
 五 能の翻案物
 六 日本の近代演劇
連歌における滑稽の伝統 徳岡孝夫訳 新城美恵子補訳
 (一) 二条良基
 (二) 宗祇
 (三) 宗長
『忠臣蔵』論 井田卓訳
 作者
 登場人物と様式
 歌舞伎脚本
 名声と評価

近松にみる悲劇性
生きている文楽人形
短詩型の賛否
文学主題としての継母の横恋慕
――東洋および西洋におけるヒッポリュトス的三角関係 玉井乾介訳
世阿彌と「その他先生」

解題
人名索引/作品名索引

自ら謡(うたい)を習い、狂言の太郎冠者を演じるほど日本の舞台芸術にのめり込んだキーン氏。そこに比類なき「詩」があり「文学」があったのだ。世阿彌や近松門左衛門は世界に誇るべき存在──西洋演劇との比較も交えながら、能楽・文楽・歌舞伎の歴史と特質を語り、どこが素晴らしいか、面白いのかを説いた名解説。

出典:新潮社公式サイト


[関連]
『能・文楽・歌舞伎』ドナルド・キーン、吉田健一・松宮史朗訳(2001・講談社学術文庫)400頁

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
Secured By miniOrange