スポンサーリンク

『ヘンリー・ジェイムズ傑作選』(講談社文芸文庫)

『ヘンリー・ジェイムズ傑作選』ヘンリー・ジェイムズ、行方昭夫訳(講談社文芸文庫)

2017年
448頁
定価:1,900円(税別)




目次(収録作品)

モーヴ夫人
五十男の日記
嘘つき
教え子
ほんもの

十九世紀的世界観を脱して新たな文学技法を追究し、心理小説の祖として、また現代文学の礎を築いた先駆者として、再評価の高まるヘンリー・ジェイムズ。多様な解釈を許す作風から難解なイメージがつきまとうが、読む人、読む時代により素晴らしさが再発見され続ける、稀代のストーリーテラーでもある。百を超える作品から、リーダブルで多彩な魅力溢れる五篇を収録。

アマゾン商品説明より


[参考]
『ヘンリー・ジェイムズ短篇集』大津栄一郎編訳(岩波文庫)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
Secured By miniOrange