スポンサーリンク

「種山ヶ原の夜」宮沢賢治

種山ヶ原(高原)で草刈りをする農夫と樹木の精たちとの幻想的な話。方言が多く読みづらい。作品全体としては、特によくはなかった。
同じ場所を扱った「種山ヶ原」という小説があるが、それとは異なる内容の別の作品。

『校本 宮澤賢治全集 第11巻』(筑摩書房)に所収。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。