スポンサーリンク

『大衆明治史』菊池寛

『大衆明治史』菊池寛

目次(収録作品)

廃藩置県
征韓論決裂
マリア・ルーズ号事件
西南戦争
十四年の政変
自由党と改進党
国軍の建設
憲法発布
大隈と条約改正
日清戦争前記
陸奥外交の功罪
三国干渉
川上操六と師団増設
北清事変
対露強硬論と七博士
日露開戦
児玉総参謀長
奉天会戦
日本海海戦
ポーツマス会議
明治の終焉
明治史年表

[関連]
『大衆明治史 上巻』(復刻版2022・ダイレクト出版)

『大衆明治史(全)国民版』菊池寛(響林社文庫、Kindle版)
amazon

『大衆明治史(国民版)』(いざなみ文庫) Kindle版
amazon

『大衆明治史 下巻』菊池寛(汎洋社)
国立国会図書館

『菊池寛全集 第19巻』菊池寛(高松市菊池寛記念館)
amazon

[参考]
『GHQ焚書図書開封3』西尾幹二(徳間書店)

ニコニコ動画

(※以下、リンク切れ)
GHQ焚書図書開封 第32回 消された名著・菊池寛『大衆明治史』Part1

GHQ焚書図書開封 第33回 消された名著・菊池寛『大衆明治史』Part2

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 古川典保 より:

     今こそ、国民は真の歴史を理解し、その上にこれからの日本を構築してゆかなければならい。日本は漠然と存在しているわけではない。先人の熱血の努力を忘れてはならない。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
Secured By miniOrange