スポンサーリンク

『人に必要とされる会社をつくる』松浦信男(日本能率協会マネジメントセンター)

『人に必要とされる会社をつくる―阪神・淡路大震災の絶望を乗り越えて学んだ「本当に強い経営」』松浦信男(万協製薬株式会社代表取締役社長)(日本能率協会マネジメントセンター)

2012年
224頁




目次(収録作品)

序章 絶望の中で生まれた「人に必要とされる会社」
第1章 本当に「強い」会社になるために
第2章 会社を強くするリーダーの考え方
第3章 組織の「考える力」を強くする仕組み
第4章 全員が主役になれる仕組みをつくる
第5章 一人ひとりの心を強くする

>阪神大震災で被災し、三重県で再起した万協製薬。
その脅威の成長の秘密は、被災をきっかけに新しい企業のあり方、ビジネスモデルを模索した松浦氏の「必要とされる会社」を作り直すことへの強い思いと、社員を主役に据えた、さまざまなしくみにありました。
本書では、それら震災、不況に負けない、強くて、人(従業員、顧客、パートナー、地域)にやさしい、21世紀型の新しい会社のつくり方を紹介します。

アマゾン商品説明より

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。