スポンサーリンク

『宇治拾遺物語 全訳注』(講談社学術文庫)

『宇治拾遺物語 全訳注』(上下)高橋貢・増古和子(講談社学術文庫)

上巻

2018年
848頁

鎌倉時代前期に成立した代表的説話集。貴族・僧などの著名人から、下級官人、侍、庶民、子供まで、登場人物が多様で世俗的傾向の強い話を集める。強力譚、報恩譚、聖譚、不思議譚、艶笑譚など世の万般を描く切れ味鋭い話の数々。本巻には「舌切り雀」「瘤取りの話」「芋がゆ」など現代に伝わる物語をはじめ百余話を収録。古本系統「伊達本」を底本として現代語訳、語釈、解説を付す。

出典:講談社BOOK俱楽部

下巻

2018年
880頁

鎌倉時代前期に成立した代表的説話集の一つ。上巻に引き続き人の耳目をひく話を集める。都の巷から鄙の里、震旦・天竺まで、世の奇異なものへと開かれる好奇心。仏菩薩の霊験には純朴な感情で、えせ聖や詐欺・幻術師の行為には分別わきまえた言葉で、民衆の反応がさまざまに語られる。古本系統『伊達本』を底本として94話を全訳・解説。

出典:講談社BOOK俱楽部

本書の底本は伊達本「宇治大納言物語」(故吉田幸一蔵本)上・下二冊本を用い、他の二冊本、宮内庁書陵部本、陽明文庫本、および一部に龍門文庫本を参照して校訂した。また随時、古活字版本と万治二年製版本を参照した。

出典:講談社BOOK俱楽部


[参考]
『新編 日本古典文学全集50 宇治拾遺物語』小林保治・増古和子 校注・訳(小学館)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
Secured By miniOrange