スポンサーリンク

『復刻 国史概説』文部省編纂(呉PASS復刻選書)

『復刻 国史概説』(上下)文部省編纂(呉PASS復刻選書・呉PASS出版)

上巻

2016年
375頁

旧漢字、旧かな遣いを、新漢字、現代かな遣いに改める。

「国史概説」は、大東亜戦争最中の昭和十八年、文部省の編纂により公刊された。現在の国家公務員第Ⅰ種試験に当る、高等文官試験の試験科目に、「国史」が採用されたことから、その教科書として文部省教学局が編纂したものである。穂積重遠、和辻哲郎、田辺元、平泉澄など、錚々たるメンバーが編纂部に名を連ねた、所謂「皇国史観」に基づく歴史概説書である。
「皇国史観」は、戦後の歴史学会からは誠に評判が悪いが、戦後を支配した唯物史観、階級闘争史観はどうなのか? 例えば、戦後教科書では、織田信長の比叡山焼き討ちは、横暴な支配者による宗教弾圧として描かれるが、その背景には宗教勢力の武装化、政治化、そして所領での治外法権的支配、一揆の扇動などが背景にあり、本願寺等とともに、その威勢は侮りがたいものであった。しかし、戦後教科書では、それらをすべて無視して、支配者による弾圧として描くのである。その他の判断は読者にお任せする。

出典:呉PASS出版公式サイト

下巻

2017年
414頁

下巻では、江戸時代から大東亜戦争勃発までが描かれる。戦後教科書ではあいまいな、帝国日本が戦った近代戦や国際関係、例えば日清戦争、日露戦争、シベリア出兵、満州事変、支那事変、大東亜戦争などが、なぜ惹き起こされたのか? それらの問いに、明確に答える。胸にストンと落ちる記述である。戦前の日本人が、世界をどのように見据えていたのか、ぜひご自分の目で確かめていただきたい。

出典:呉PASS出版公式サイト

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
Secured By miniOrange