スポンサーリンク

『ケアへのまなざし 新装版』神谷美恵子(みすず書房)

『ケアへのまなざし 新装版』神谷美恵子(みすず書房)

新装版2019年
272頁




目次(収録作品)

第一部
ひととしごと
島の診療記録から
自殺と人間の生きがい
生きがいについて――生きているねうち
心に残る人びと
患者さんと死と
コラム「天窓」
自己の死と孤独
なぐさめの言葉
老人と、人生を生きる意味
沈黙の意味
医師が患者になるとき
対談・病める人と病まぬ人(神谷美恵子・外口玉子)

第二部
限界状況における人間の存在
人間学
「ピネル神話」に関する一資料
西洋臨床医学の生命観

初出一覧
神谷さんのまなざし  外口玉子

一人の人間どうしとして、患者と向き合う姿勢を貫いた精神科医・神谷美恵子。人間としての医療・看護・介護のあり方をみつめるエッセイ、論文、対談を収録する。

出典:みすず書房公式サイト


[関連]
『ケアへのまなざし 新装版』神谷美恵子(2013・みすず書房)272頁
amazon

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
Secured By miniOrange