スポンサーリンク

ラ・マルセイエーズ(フランス国歌)

日本語訳

1番

行こう祖国の子らよ栄光の日が来た!
我らに向かって暴君の血まみれの旗が掲げられた
血まみれの旗が掲げられた
聞こえるか戦場の残忍な敵兵の咆哮を?
奴らは汝らの元に来て汝らの子と妻の喉を搔き切る!

*
武器を取れ市民らよ
隊列を組め進もう進もう!
汚れた血が我らの畑の畝を満たすまで!

2番

何を望んでいるのかこの隷属者の群れは
裏切者は陰謀を企てる王どもは?
誰のためにこの卑劣な足枷は 久しく準備されていたこの鉄枷は?
久しく準備されていたこの鉄枷は?
フランス人よ我らのためだ、ああ!なんという侮辱
どれほどか憤怒せざるを得ない!
奴らは我らに対して企んでいる昔のような奴隷に戻そうと!

*(繰り返し)

3番

何と! 外国の軍勢が我らの故郷に来て法を定めるだと!
何と! 金目当ての傭兵の集団が我らの気高き戦士を打ち倒すだと!
我らの気高き戦士を打ち倒すだと!
おお神よ! 両手は鎖で縛られ頸木をはめられた我らが頭を垂れる
下劣なる暴君どもが我らの運命の支配者になるなどありえない!

*(繰り返し)

4番

戦慄せよ暴君ども そして国賊どもよあらゆる徒党の名折れよ
戦慄せよ! 貴様らの親殺しの企てはついにその報いを受けるのだ!
ついにその報いを受けるのだ!
すべての者が貴様らと戦う兵士
たとえ我らの若き英雄が倒れようとも
大地が再び英雄を生み出す
貴様らとの戦いの準備は 整っているぞ!

*(繰り返し)

5番

フランス人よ 寛大な戦士として攻撃を与えるか控えるか判断せよ!
あの哀れなる犠牲者を撃つ事なかれ 心ならずも我らに武器をとった者たち
心ならずも我らに武器をとった者たち
しかしあの血に飢えた暴君どもには
ブイエ将軍の共謀者らには
あの虎狼どもには 慈悲は無用だ
その母の胸を引き裂け!

*(繰り返し)

6番

神聖なる祖国への愛よ我らの復讐の手を導き支えたまえ
自由よ 愛しき自由の女神よ 汝の擁護者とともに戦いたまえ!
汝の擁護者とともに戦いたまえ!
我らの旗の下に 勝利の女神よ 汝の勇士の声の下に 駆けつけたまえ!
汝の瀕死の敵が汝の勝利と我らの栄光とを見んことを!

*(繰り返し)

7番

僕らは自ら進み行く先人の絶える時には
僕らは見つけるだろう 先人の亡骸と彼らの美徳の跡を!
彼らの美徳の跡を!
生き長らえるよりは先人と棺を共にすること欲する
僕らは気高い誇りを胸に先人の仇を討つか 後を追って死ぬのみ!

*(繰り返し)

出典:Wikipedia


歌う場合は、通常1番と6番を歌う(らしい)。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
Secured By miniOrange