スポンサーリンク

『どくろ杯』金子光晴(中公文庫)

『どくろ杯』金子光晴(中公文庫)

改版2004年
297頁




目次(収録作品)

発端/恋愛と輪あそび/最初の上海行/愛の酸蝕/百花送迎/雲煙万里/上海灘/猪鹿蝶/胡桃割り/江南水ぬるむ日/火焔オパールの巻/旅のはじまり/貝やぐらの街

『こがね蟲』で詩壇に登場した詩人は、その輝きを残し、夫人と中国に渡る。長い放浪の旅が始まった――青春と詩を描く自伝。〈解説〉中野孝次

出典:中央公論新社公式サイト


[関連・参考]
『ねむれ巴里』金子光晴(2005・中公文庫)(『どくろ杯』につづく自伝第二部。)

『詩人 金子光晴自伝』金子光晴(1994・講談社文芸文庫)
amazon

どくろ杯 (中公文庫)

amazon  Kindle  楽天  楽天kobo


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
Secured By miniOrange