スポンサーリンク

『名指しと必然性』ソール・A.クリプキ(産業図書)

『名指しと必然性―様相の形而上学と心身問題』ソール・A.クリプキ、八木沢敬・野家啓一訳(産業図書)

1985年
283頁



様相論理学を基礎に新たな形而上学の可能性を追求してアメリカ哲学界を震撼させた現代哲学の「古典」。
同一性の必然性,固有名の固定性,指示の因果説の独創的な三テーゼを軸に,論議は自然種および心身問題に及ぶ。

出典:産業図書公式サイト

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。