スポンサーリンク

『政治家の文章』武田泰淳(岩波新書)

『政治家の文章』武田泰淳(岩波新書)

1960年
188頁




目次(収録作品)

1 「政党政派を超越したる偉人」の文章
2 思いがけぬユウモア
3 二人のロシア通
4 ある不思議な「遺書」
5 近衛の「平和論」
6 A級戦犯の「日記」
7 「政党全滅」をめぐるもろもろの文章
7 徳田球一の正直な文章

作家武田泰淳氏は,政治家(宇垣・浜口・近衛・重光・鳩山など)の文章を取りあげて,その人間像を見事に描き出す.少年時代の作文,憂国の心情を吐露したもの,そして遺書などを縦横に解剖する中から,政治を動かした人間と時代の交錯を描き出し,大正・昭和の深部をのぞく興味とともに日本人というものを考えさせるユニークな書.

出典:岩波書店公式サイト

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
Secured By miniOrange