スポンサーリンク

『夢酔独言』勝小吉(講談社学術文庫)

『夢酔独言』勝小吉、勝部真長編(講談社学術文庫)

2015年
176頁




勝海舟の父、勝小吉の自伝。
江戸時代の旗本だが喧嘩を好む不良で、素行の悪さから父親に3年あまり座敷牢に入れられる。その後も喧嘩、刀剣の売買、浅草・吉原の顔役などをする身持ちの悪さで37歳にして隠居し、麟太郎(海舟)へ家督を譲る。
隠居後、夢酔と称し自身のハチャメチャな人生を子孫への戒めを込め語る。

[関連]
『夢酔独言 他』勝小吉、勝部真長編(東洋文庫・平凡社)(「夢酔独言」「平子龍先生遺事」)
amazon

『氷川清話 夢酔独言』勝海舟・勝小吉、川崎宏編(2012・中公クラシックス)

『夢酔独言他』勝小吉、勝部真長編(2000・平凡社ライブラリー)
amazon

『夢酔独言』勝小吉(2003・教育出版)
amazon

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする