スポンサーリンク

『エロス論集』S.フロイト(ちくま学芸文庫)

『エロス論集』S.フロイト、中山元訳(ちくま学芸文庫)

1997年
446頁




目次(収録作品)

エロスの理論(性理論三篇/幼児の性器体制(性理論への補遺)/リビドー理論)
エロスの病(神経症者の家族小説/ナルシシズム入門/メドゥーサの首ー草稿/フェティシズム)
エロスと性差(エディプス・コンプレックスの崩壊/解剖学的な性差の心的な帰結/女性の性愛について)
エロスと性格(性格と肛門愛/欲動転換、特に肛門愛の欲動転換について/リビドー的類型について)

人間の記憶、判断、思考という基本的な機能は、他者との関係において初めて形成される。母親とは、子供の生物学的欲求を満たしつつ、“エロス”的な関係を結び合う最初の他者なのである。しかし、いつまでも母親との双数的関係にとどまっているわけにはいかない。父親という第三者の介入によるエディプス・コンプレックスや去勢コンプレックスを克服しながら、自我のうちに「法」の審級を確立し、「社会」で生きることを学ばなければならない。幼児の性欲を指摘して一石を投じた『性理論三篇』から始めて、「ナルシシズム入門」「エディプス・コンプレックスの崩壊」など13篇を編集・新訳、エロスの理論の展開をたどる。

出典:筑摩書房公式サイト

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
Secured By miniOrange