スポンサーリンク

『国際メディア情報戦』高木徹(講談社現代新書)

『国際メディア情報戦』高木徹(講談社現代新書)

2014年
264頁




目次(収録作品)

序章 「イメージ」が現実を凌駕する
第1章 情報戦のテクニックージム・ハーフとボスニア紛争
第2章 地上で最も熾烈な情報戦ーアメリカ大統領選挙
第3章 21世紀最大のメディアスター―ビンラディン
第4章 アメリカの逆襲―対テロ戦争
第5章 さまようビンラディンの亡霊―次世代アルカイダ
第6章 日本が持っている「資産」
終章 倫理をめぐる戦場で生き残るために

中国・北朝鮮・イラン・アルカイダ……いまや大国も小国もテロリストも続々参戦している「国際メディア情報戦」。それは「どれだけ多くの人に、自分に有利な情報を到達させ、その心を揺り動かすか」をめぐる戦いである。急拡大する戦いの現場でいま何が起きているのか? 日本はどう戦うのか? 稀代のメディアスター、ビンラディンの驚愕のメディア操縦法から、オバマの逆襲まで、世界各地で起きている新しい「戦場」を読み解く。

出典:講談社BOOK俱楽部


[参考]
『ドキュメント 戦争広告代理店』高木徹(2005・講談社文庫)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
Secured By miniOrange