スポンサーリンク

『増補 虚構の時代の果て』大澤真幸(ちくま学芸文庫)

『増補 虚構の時代の果て』大澤真幸(ちくま学芸文庫)

増補版2009年
338頁




目次(収録作品)

第1章 妄想の相互投射
第2章 理想の時代/虚構の時代
第3章 サリンという身体
第4章 終末という理想
第5章 虚構=現実
終章 ポアの思想を越えて
補論 オウム事件を反復すること

オウム真理教事件は、当時の社会の断末魔の叫びだった。事件を起こした信者たちは、アニメ番組等の終末論から影響を受け超越的第三者(教祖)の審級に依存する世界観を肥大させ、そして彼らの事件がある時代を終わらせる。著者はその時代を「虚構の時代」と呼び、日本の戦後精神史上、終戦から万博までの「理想の時代」の次に来た時代、と位置づけた。時代の転換点を受け止めつつ、現代を克服する端緒を考察した意欲的論考。
文庫化にあたり、オウム事件から始まる現代社会の文脈を解きほぐす論説を増補。

出典:筑摩書房公式サイト


[関連]
『虚構の時代の果て―オウムと世界最終戦争』大澤真幸(1996・ちくま新書)302頁
amazon

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
Secured By miniOrange