スポンサーリンク

『戦国日本と大航海時代』平川新(中公新書)

『戦国日本と大航海時代―秀吉・家康・政宗の外交戦略』平川新(中公新書)

2018年
290頁




目次(収録作品)

序章 戦国日本から「帝国」日本へ
第1章 大航海時代と世界の植民地化
第2章 信長とイエズス会
第3章 秀吉のアジア征服構想はなぜ生まれたか
第4章 家康外交の変遷
第5章 伊達政宗と慶長遣欧使節
第6章 政宗謀反の噂と家康の情報戦
第7章 戦国大名型外交から徳川幕府の一元外交へ
終章 なぜ日本は植民地にならなかったのか

15世紀以来、スペインやポルトガルはキリスト教布教と一体化した「世界征服事業」を展開。16世紀にはアジアに勢力を広げた。本書は史料を通じて、戦国日本とヨーロッパ列強による虚々実々の駆け引きを描きだす。豊臣秀吉はなぜ朝鮮に出兵したのか、徳川家康はなぜ鎖国へ転じたのか、伊達政宗が遣欧使節を送った狙いとは。そして日本が植民地化されなかった理由は――。日本史と世界史の接点に着目し、数々の謎を解明する。

出典:中央公論新社公式サイト

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。