スポンサーリンク

『一万年の旅路』ポーラ・アンダーウッド(翔泳社)

『一万年の旅路―ネイティヴ・アメリカンの口承史』ポーラ・アンダーウッド、星川淳訳(翔泳社)

1998年
545頁




目次(収録作品)

一つめの主な語り/二つめの主な語り/山の語り三つ/草の大海/はじめの民の子ー学びへの多くの道/われらが美しいと名づける川/東の大海/美しい湖/補遺

イロコイ族の系譜をひく女性が未来の世代へ贈る
一万年間語り継がれたモンゴロイドの大いなる旅路

アメリカ大陸に住む、インディアンとも呼ばれるネイティブ・アメリカンの人々は、その昔ベーリング海峡が陸続きたっだころベーリング陸橋をわたり、アジア大陸へ渡ってきたモンゴロイドの子孫だという説が定着しつつある。「一万年の旅路」は、ネイティブアメリカンのイロコイ族に伝わる口承史であり、物語ははるか一万年以上も前、一族が長らく定住していたアジアの地を旅立つ所から始まる。彼らがベーリング陸橋を超え北米大陸にわたり、五大湖のほとりに永住の地を見つけるまでの出来事が緻密に描写され、定説を裏付ける証言となっている。イロコイ族の系譜をひく著者ポーラ・アンダーウッドは、この遺産を継承し、それを次世代に引き継ぐ責任を自ら負い、ネイティブ・アメリカンの知恵を人類共通の財産とするべく英訳出版に踏み切った。

この本をはじめて手にしたときも、それから二年半ほどたって邦訳を終えたいまも、不思議な胸騒ぎがする。ひょっとしたら途方もないものに出会っているのではないかという驚きと、ありうるはずがないという疑い―その二つが入り混じって、なぜか心臓が高鳴るのだ。
―星川淳「訳者あとがき」より

出典:翔泳社公式サイト

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする