スポンサーリンク

『おヨネとコハル 増補改訂版』ヴェンセスラウ・デ モラエス(ポルトガル文学叢書)

『おヨネとコハル 増補改訂版』ヴェンセスラウ・デ モラエス、岡村多希子訳(ポルトガル文学叢書・彩流社)

増補改訂版2004年
244頁




目次(収録作品)

コハル/おヨネだろうか…コハルだろうか…/正午の号砲(またもやコハル)/祭日のごちそう/日本の三人心中/日本の異国情調/潮音寺の墓地のごみため/着物?それともお金?-着物/久松は家にいません/無臭/半分のバナナ/ある散歩での感想/風景を最後にひと目/夢をみて/敦盛の墓/笑ったり泣いたり/私の追慕の園で/ある日本の諺
訳者解説 「おヨネとコハル」について
ヴェンセスラウ・デ・モラエスについて
増補・「おヨネとコハル」の新しい読み方

ポルトガルの作家で領事でもあったモラエスが愛したふたりの日本人女性への追慕の情を通して描く大正期のニッポン……徳島の人々との暮らしのなかで感じたこと、考えたことを見事に文学に結晶した傑作の増補改訂版

出典:彩流社公式サイト

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
Secured By miniOrange