スポンサーリンク

『鬼の研究』馬場あき子(ちくま文庫)

『鬼の研究』馬場あき子(ちくま文庫)

1988/年
300頁




目次(収録作品)

序章 鬼とは何か
1章 鬼の誕生
2章 鬼を見た人びとの証言
3章 王朝の暗黒部に生きた鬼
4章 天狗への憧れと期待
5章 極限を生きた中世の鬼
終章 鬼は滅びたか―あとがきにかえて

かつて都大路を百鬼夜行し、一つ目、天狗、こぶ取りの鬼族が世間狭しと跳梁し、また鬼とならざるを得なかった女たちがいた。鬼は滅んだのだろうか。いまも、この複雑怪奇な社会機構と人間関係の中から、鬼哭の声が聞こえはしないか。日本の歴史の暗部に生滅した〈オニ〉の情念とエネルギーを、芸能、文学、歴史を捗猟しつつ、独自の視点からとらえなおし、あらためてその哲学を問う名篇。

出典:筑摩書房公式サイト

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
Secured By miniOrange