スポンサーリンク

『西国立志編』サミュエル・スマイルズ(講談社学術文庫)

『西国立志編』サミュエル・スマイルズ、中村正直訳(講談社学術文庫)

1981年
556頁




目次(収録作品)

第1編 邦国および人民のみずから助くることを論ず
第2編 新機器を発明創造する人を論ず
第3編 陶工三大家、すなわちパリッシー、ベットガー、ウェッジウッド
第4編 勤勉して心を用うること、および恒久に耐えて業をなすことを論ず
第5編 幇助、すなわち機会を論ず、ならびに芸業を勉修することを論ず
第6編 芸業を勉修する人を論ず
第7編 貴爵の家を創めたる人を論ず
第8編 剛毅を論ず
第9編 職事を務むる人を論ず
第10編 金銭の当然の用、およびその妄用を論ず
第11編 みずから修むることを論ず、ならびに難易を論ず
第12編 儀範(また典型という)を論ず
第13編 品行を論ず、すなわち真正の君子を論ず

原著『自助論(セルフ・ヘルプ)』は、世界10数ヵ国語に訳されたベストセラーの書。日本では明治4年、『西国立志編』として中村正直により翻訳刊行された。「天は自ら助くる者を助く」という独立独行の精神を思想的根幹とした、欧米史上有名な300余人の成功立志談である。この自助精神は、近代国家と資本主義の形成期にあって、新しい日本と自分の前途に不安を抱いていた多くの青少年に希望の光明を与えた。福沢諭吉の『学問のすゝめ』と共に、明治の2大啓蒙書。

出典:講談社BOOK俱楽部


[関連]
『現代語訳 西国立志編 スマイルズの『自助論』』サミュエル・スマイルズ、中村正直訳、金谷俊一郎 現代語訳(2013・PHP新書)605頁
amazon  Kindle

『スマイルズの世界的名著 自助論 知的生きかた文庫』サミュエル・スマイルズ、竹内均訳(2002・知的生きかた文庫)304頁(抄訳か)
amazon

『自助論:「こんな素晴らしい生き方ができたら!」を実現する本』サミュエル・スマイルズ、竹内均訳(2013・三笠書房)単行本・270頁(抄訳か)
amazon  楽天

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
Secured By miniOrange