スポンサーリンク

『ジレンマ―日常言語の哲学』ギルバート・ライル(勁草書房)

『ジレンマ―日常言語の哲学』ギルバート・ライル、篠沢和久訳(勁草書房)

1997年
234頁




目次(収録作品)

第一章 ジレンマ
第二章 「そのはずだった」
第三章 アキレスと亀
第四章 快楽
第五章 科学の世界と日常の世界
第六章 専門的な概念と非専門的な概念
第七章 知覚
第八章 形式論理と非形式論理

著者はイギリスの哲学者、日常言語学派と呼ばれる哲学のスタイルを確立した。本書もまた、巧みな思考実験と達意の文章により、言語上の混乱を正し、概念の交通整理を行う。

出典:勁草書房公式サイト

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
Secured By miniOrange