スポンサーリンク

『キュリー夫人伝』エーヴ・キュリー(白水社)

『キュリー夫人伝』エーヴ・キュリー、河野万里子(白水社)

新装版2014年
542頁
定価:2,600円(税別)




目次(収録作品)

第一部
1 マーニャ
2 暗い日々
3 少女時代
4 使命
5 家庭教師
6 忍耐の日々
7 脱出

第二部
8 パリ
9 ひと月四十ルーブル
10 ピエール・キュリー
11 新家庭
12 ラジウムの発見
13 倉庫での四年間
14 苦難つづき
15 博士論文と五分の話しあい
16 栄光という名の敵
17 ともにある日々
18 一九〇六年四月十九日

第三部
19 ひとり
20 成功と試練
21 第一次世界大戦
22 平和 ラルクエストでの休暇
23 アメリカ
24 開花
25 サン=ルイ島
26 実験室
27 使命の終わり

「放射能」の命名者、マリー・キュリー。強い信念とたゆまぬ努力によって二度のノーベル賞に輝いた、女性科学者の比類なき生涯。没後80年、世界中で読み継がれる名著の新訳。

出典:白水社公式サイト

著者はマリー・キュリーの次女。

キュリー夫人伝

amazon


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
Secured By miniOrange