スポンサーリンク

『続日本紀』直木孝次郎校注(東洋文庫)

『続日本紀』直木孝次郎校注(東洋文庫・平凡社)全4巻

『続日本紀1』(東洋文庫)

1986年
325頁
定価:2,800円(税別)



『日本書紀』につづく勅撰史書。文武元年(697)から延暦10年(791)のほぼ100年間,律令の整備,平城遷都から長岡京,平安遷都にいたる“万葉人の時代”の躍動と苦悩を伝える記録。第1巻は,巻一から巻十,文武元年から天平2年(730)まで。

出典:平凡社公式サイト



『続日本紀2』(東洋文庫)

1988年
293頁
定価:2,600円(税別)



『日本書紀』につづく勅撰史書。文武元年(697)から延暦10年(791)のほぼ100年間,律令の整備,平城遷都から長岡京,平安遷都にいたる“万葉人の時代”の躍動と苦悩を伝える記録。第2巻は,巻十一から巻二十,天平3年(731)から天平宝字2年(758)まで。



『続日本紀3』(東洋文庫)

1990年
332頁
定価:2,800円(税別)



『日本書紀』につづく勅撰史書。文武元年(697)から延暦10年(791)のほぼ100年間,律令の整備,平城遷都から長岡京,平安遷都にいたる“万葉人の時代”の躍動と苦悩を伝える記録。第3巻は,巻二十一から巻三十一,天平宝字3年(759)から宝亀2年(771)まで。



『続日本紀4』(東洋文庫)

1992年
368頁
定価:3,000円(税別)



『日本書紀』につづく勅撰史書。文武元年(697)から延暦10年(791)のほぼ100年間,律令の整備,平城遷都から長岡京,平安遷都にいたる“万葉人の時代”の躍動と苦悩を伝える記録。最終第4巻は,巻三十二から巻四十,宝亀3年(772)から延暦10年まで。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
Secured By miniOrange