スポンサーリンク

『毎日が天国―自閉症だったわたしへ』ドナ・ウィリアムズ(明石書店)

『毎日が天国―自閉症だったわたしへ』ドナ・ウィリアムズ、河野万里子訳(明石書店)

2015年
344頁




目次(収録作品)

わたしの今/二十分/父/兄/子ヒツジたち/はじめての講演/日本からの撮影隊/心のなかに入ってきた人/暗雲/父の死〔ほか〕

自閉症のある人のこころをはじめて当事者自らが描き出し、世界的ベストセラーとなった『自閉症だったわたしへ』の第4弾。自閉症ゆえのさまざまな生きづらさ、家族との葛藤を抱えながらも、自らを世界に開き、あるがままの自分でいることを求め続けるドナ。生活上のパートナーと決別し、新しい人々との出会いと別れを通して、ドナがつかんだものとは…。

出典:明石書店公式サイト

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする