スポンサーリンク

『提婆達多』中勘助(岩波文庫)

『提婆達多(でーばだった) 』中勘助(岩波文庫)

1985年
203頁



「ひとり彼にのみ勝利の日を楽しませはせぬ!」――仏陀に対する狂おしいまでの嫉妬と憎しみから,生涯,執拗に仏陀に挑みつづける従弟提婆達多。我執の権化ともいうべきその姿をとおし,人間の我と妄執の生みだす悲劇が力強い文体で描き出される。和辻哲郎による書評「『提婆達多』の作者に」を付載。 (解説=荒 松雄)

アマゾン商品説明より

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
Secured By miniOrange