スポンサーリンク

『間抜けの実在に関する文献 内田百間集成6』(ちくま文庫)

『間抜けの実在に関する文献 内田百間集成6』内田百間(内田百閒)(ちくま文庫)(全24巻)

2003年
437頁




目次(収録作品)

間抜けの実在に関する文献
百鬼園師弟録
学校騒動記
学校騒動余殃
解夏宵行
三校協議会
漱石遺毛
虎の尾
漱石先生臨終記
湖南の扇
河童忌
亀鳴くや
長春香
明暗交友録
凸凹道
予科時代
新教官
梟先生
四君子
海軍機関学校今昔
哈叭道人夜話
石人
青木先生
読本の潜水艦
海賊大将軍
村上流船行要術
とくさの草むら
一粒一滴
空中分解
忘却論
白映えの烏城
ノミに小丸
乱れ輪舌FOT
カメレオン・ボナパルテ
実説艸平記

ドイツ語教師内田先生は詰め込み主義。自分の事は棚に上げ、「詰め込め、詰め込め、詰め込まざれば中は空っぽである。うんうん、うなされる程詰め込め」。そして忘れてしまうのは「構わない」(「忘却論」)。教室でのあれこれ、弟子、恩師や友人。法政大学騒動で離れてしまった森田草平との長年の交友を記した「実説艸平記」など、ほろ苦く懐しい一冊。

出典:筑摩書房公式サイト

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
Secured By miniOrange