スポンサーリンク

『原爆の子』長田新編(岩波文庫)

『原爆の子―広島の少年少女のうったえ』(上下)長田新編(岩波文庫)

上巻

1990年
314頁

目次(収録作品)

序  1951年8月6日 長田新
原爆の子(上)
Ⅰ 小学校四年、小学校五年、小学校六年の手記
Ⅱ 中学校一年、中学校二年、中学校三年の手記

下巻

1990年
265頁

原爆の子(下)
Ⅲ 高等学校一年、高等学校二年、高等学校三年の手記
Ⅳ 女子短期大学学生、高等学校三年、新制大学学生、旧制大学学生の手記
あとがき
解説 沖原豊
地図

1945年8月、広島・長崎に投下された原爆による災害は、史上かつてない惨事として、45年たった今日もなお深い爪あとをのこしている。自らも広島で被爆した編者が平和教育のために編集した広島の少年少女達の原爆体験記は、エスペラントをはじめ10数か国語に翻訳され、全世界に感銘をよんだ。希有の記録。

出典:岩波書店公式サイト

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。