スポンサーリンク

『深夜の初会 内田百間集成21』(ちくま文庫)

『深夜の初会 内田百間集成21』内田百間(内田百閒)(ちくま文庫)(全24巻)

2004年
378頁
定価:1,100円(税別)




目次(収録作品)

あの頃の機関学校
豚小屋の法政大学
貧乏ばなし
ユウモアコンクール
対談
酒仙放談
金の借り方作り方
逢坂(かん)談
薬剤金融椿論
漱石をめぐって
問答有用
汽車の旅
倫敦塔を撫でる
西小磯雨話
深夜の初会
虎の髭
漱石先生四方山話

志ん生師匠との呑兵衛対談「深夜の初会」をはじめ、戦前の海軍機関学校や法政大学教官時代の回想、敬愛する師漱石の思い出、深遠なる金銭哲学や貧乏ばなし、はては酔いにまかせての悪態ぶりにいたるまで、百(けん)先生面目躍如の自由気侭な痛快座談集。おもな座談客は、安倍能成、井伏鱒二、河盛好蔵、久米正雄、小宮豊隆、獅子文六、高橋義孝、辰野隆、徳川夢声、豊島与志雄、宮城道雄、吉田茂、和辻哲郎などの面々。

出典:筑摩書房公式サイト

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
Secured By miniOrange