スポンサーリンク

『野上弥生子短篇集』加賀乙彦編(岩波文庫)

『野上弥生子短篇集』野上弥生子、加賀乙彦編(岩波文庫)

1998年
335頁




目次(収録作品)


或る女の話
茶料理
哀しき少年
山姥
明月

20世紀のほとんどを生きた、私たちと同時代の作家野上弥生子(1885-1985)。『真知子』『迷路』『森』などの骨太な長篇小説で知られる野上弥生子は、また、克明な観察力と鍛えぬかれた描写力による確かな人間造形が際立つ、練達の短篇作家である。「或る女の話」「寂しい少年」「明月」「狐」など、秀作7篇を編年順に収録。

本書表紙(カバー)より

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
Secured By miniOrange