スポンサーリンク

『作家の自伝53 坂口安吾』村上護編(日本図書センター)

『作家の自伝53 坂口安吾』村上護編(日本図書センター)

1997年
278頁




目次(収録作品)

処女作前後の想い出
二十七歳
僕はもう治っている
人の子の親となりて

自伝的小説「石の思い」、矢田津世子を描いた「いずこへ」、河上徹太郎や中原中也が登場する「二十七歳」など、「文学のふるさと」に依拠した自伝的作品を収録。

出典:日本図書センター公式サイト

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
Secured By miniOrange