スポンサーリンク

『唯識とはなにか』多川俊映(角川ソフィア文庫)

『唯識とはなにか』多川俊映(角川ソフィア文庫)

2015年
240頁




目次(収録作品)

唯識三十頌(本文・書下し・現代語訳)
(はじめに/心の構造とその展開/心のはたらき/すべては心の展開/世界の在り方/真実の世界へ/結びの頌)
唯識三十頌(読誦用)

わたしが見ているこの世界は、すべて心の中にある。心の外には存在しない

唯識仏教の大本山、奈良興福寺の貫首が、身近な例を用いつつ、心のしくみや働きに迫りながら『唯識三十頌』を易しく解説。日常の己をみつめ、よりよく生きるための最良の入門書。

出典:KADOKAWA公式サイト

本書は、『唯識 こころの哲学―唯識三十頌を読む』の文庫版。

[関連]
『唯識 こころの哲学―唯識三十頌を読む』多川俊映(2012・大法輪閣)単行本
amazon

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。