スポンサーリンク

『自分の中に毒を持て〈新装版〉』岡本太郎(青春文庫)

『自分の中に毒を持て〈新装版〉』岡本太郎(青春文庫)

2017年
256頁




目次(収録作品)

第1章 意外な発想を持たないとあなたの価値は出ない―迷ったら、危険な道に賭けるんだ(自分の大間違い/“モノマネ”人間には何も見えない ほか)
第2章 個性は出し方 薬になるか毒になるか―他人と同じに生きてると自己嫌悪に陥るだけ(“爆発”発想法/道は一本か、十本か ほか)
第3章 相手の中から引き出す自分 それが愛―ほんとうの相手をつかむ愛しかた愛されかた(愛の伝え方を間違えると/“その一瞬”を止める方法 ほか)
第4章 あなたは常識人間を捨てられるか―いつも興奮と喜びに満ちた自分になる(きれいになんて生きてはいけない/頭を遊ばせて世の中を見てみよう ほか)

長年愛されてきたロングセラーが、満を持しての新装刊。
文字が大きく読みやすくなり、カラー口絵付きで、パワーアップして生まれ変わりました!

“才能なんて勝手にしやがれだ”
“だめ人間なら、そのマイナスに賭けてみろ”

岡本太郎の遺した作品と言葉は、いまでも私たちに鋭く問いかけています。
瞬間を生き抜く、岡本太郎のパッションは、強い力をもって私たちの生命にズシンと響くのです。
さあ、あなたも歓喜と驚きに満ちた人生をつかみとってください。

出典:青春出版社公式サイト

スポンサーリンク

フォローする