スポンサーリンク

『ブリタニキュス/ベレニス』ラシーヌ(岩波文庫)

『ブリタニキュス/ベレニス』ラシーヌ、渡辺守章訳(岩波文庫)

2008年
530頁




目次(収録作品)

ブリタニキュス
ベレニス

母后アグリピーヌへの愛憎と恋敵ブリタニキュスへの嫉妬が生んだ恐るべき怪物ネロン(ネロ).世界を統べるローマ皇帝でありながら,パレスティナの女王ベレニスと引き裂かれるティチュス.権力とエロス,政治と情念の破滅的な絡み合いを,人間の深層と歴史の深部をえぐる詩句で描ききった,ラシーヌ・ローマ物悲劇の頂点.

出典:岩波書店公式サイト

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
Secured By miniOrange