スポンサーリンク

『命がけの証言』清水ともみ(ワック)

『命がけの証言』清水ともみ(ワック)

2021年
208頁




目次(収録作品)

序章 「命がけの証言」に応えて描きました
第1章 私の国の名は東トルキスタン―その國の名は誰も言わない
第2章 「ウイグル族」と呼ばないでください―私の身に起きたこと とあるウイグル人女性の証言(グリスタン・エズズ)
第3章 「強制収容所」を生き延びて……―私の身に起きたこと とあるウイグル人女性の証言2(グリバハル・ジェリロワ)
第4章 「習近平が大好き!」を唱和させられて―私の身に起きたこと とあるカザフ人女性の証言(セイラグリ・サウトバイ)
第5章 戻らない家族への思い……―私の身に起きたこと とある在日ウイグル人男性の証言(ムハラム・ムハンマドアリ)
第6章 スパイになれと強要されて―私の身に起きたこと とある在日ウイグル人男性の証言2(ハリマト・ローズ)
第7章 日本への「夢」を奪われて……―アイトゥルスン・エリさんの話

ウイグル(東トルキスタン)の話
あとがき 中国共産党による弾圧に苦しむ人のために

習近平は21世紀のヒトラーか? 中国の人権弾圧に「ノー」と言える日本になろう!

ウイグル人たちの「命がけの証言」に応えて、ナチス・ヒトラーにも匹敵する習近平・中国共産党によるウイグル弾圧を、清水ともみ氏がマンガで告発。描き下ろしの新作(「日本への『夢』を奪われて……アイトゥルスン・エリさん」)に加え、楊海英氏(静岡大学教授・司馬遼太郎賞受賞者)との告発対談も収録。文化的なジェノサイド、恐るべき臓器狩り、強制収容所の実態が今明るみになる!

アマゾン商品説明より


[関連]
清水ともみ[漫画]

命がけの証言

amazon  楽天


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
Secured By miniOrange