スポンサーリンク

『浦島コンプレックス』梅本順子(南雲堂)

『浦島コンプレックス―ラフカディオ・ハーンの交友と文学』梅本順子(萩原順子)(南雲堂)

2000年1月15日初版発行
242頁




目次(収録作品)

序章
1 フレンチ・クォーターに足跡を訪ねて
 1 外科医マタス 相棒、協力者、そして決別
 2 情熱の文学少女、レオナ・ケイロウセ

2 日本に根付いた落ち穂
 1 最初に日本を見せた人―服部一三
 2 日本の心の友、西田千太郎
 3 敵視された英語学者―佐久間信恭

3 浦島コンプレックス
 1 アメリカ、西インド諸島、日本をつなぐもの
 2 ラフカディオ・ハーンの見た浦島

4 女、女、そして女
 1 褐色の女神たち
 2 東の国の女神たち

5 愛の賛歌
 翻訳と再話 「孟沂の話」と「伊藤則資の話」の比較

著者は比較文学等が専門の学者。
本書は、研究誌に発表した複数の論文を一書としてまとめ直したもの。

内容的には二部の構成で、第1,2章はハーンの友人たちについて述べ、第4,5章は作品を考察した評論になっている。

筆者は、書名の「浦島コンプレックス」について興味を持ち本書を手に取った。それについては、第3章に述べられているが、特に見るべきところはない。また、全体的にもいまいち。

本書を読むには、前提として言及しているハーンの作品をすべて読んでいないと難しい。あらすじなどを説明してはいるがそれでは理解ができないだろう。

[キーワード]
小泉八雲

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
Secured By miniOrange