スポンサーリンク

『日本語誤用・慣用小辞典』国広哲弥(講談社現代新書)

『日本語誤用・慣用小辞典』国広哲弥(講談社現代新書)

1991年3月20日初版発行
250頁




目次(収録作品)

第1部 意味の誤用
第2部 表現の誤用
 寸暇を惜しまず?―混交表現
 波紋は投げられるか?―重層表現
 横車はどんな車?―代換表現
 不平まんまん?―連語
第3部 表記の誤用
 けんもほろほろ?―語形の誤り
 興味深深?―漢字の誤記
 おどさん?―漢字の誤読

筆者は言語学者。

本書は書名の通り、日本語の誤用をまとめ論じたもの。新聞・雑誌・小説などから実例をあげ平易に解説している。
単に誤用だと指摘するのではなく、寛容な態度で解釈や分析などを行っているのに好感をもつ。
ことばに興味がある人は一読しても悪くはない本。
ただ、書名の「辞典」というのはよくない。本書は辞典ではない。

[筆者注]
「『三省堂国語辞典』の「的を射る」のところを見ると、「〔あやまって〕的を得る」と記録されている。」(p.180)とあるが、同辞典は「的を得る」は誤用ではないと改めている。

飯間浩明氏(『三省堂国語辞典』編集委員)のツイートより引用。



[関連]
『日本語誤用・慣用小辞典〈続〉』国広哲弥(講談社現代新書)

『新編 日本語誤用・慣用小辞典』国広哲弥(講談社現代新書)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
Secured By miniOrange