スポンサーリンク

『日本文学の古典』西郷信綱・ 永積安明・広末保(岩波新書)

『日本文学の古典』西郷信綱・ 永積安明・広末保(岩波新書)

第2版1966年
201頁




目次(収録作品)

第二版 はしがき

一 神話と叙事詩
二 万葉集
三 源氏物語
四 女の文学
五 説話の世界
六 平家物語
七 能と狂言
八 隠者の文学
九 芭蕉の俳諧
十 西鶴と戯作者
十一 近松の悲劇
十二 歌舞伎

古典をどう読むか

古典は過去のものであると同時に現代のものであり,つねに新たに,世代ごとに読みなおされるものである.この視点に立って,いわゆる日本文学通史として古典を概観するのではなく,日本文学史上の代表的な作品とその作者について解説し,古典再評価のための扉をひらこうとする.巻末に「古典をどう読むか」を付す.

出典:岩波書店公式サイト

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
Secured By miniOrange