スポンサーリンク

『父の戦地』北原亞以子(新潮文庫)

『父の戦地』北原亞以子(新潮文庫)

2011年8月1日初版発行
281頁




著者は、小説家。(1938-2013)

本書は、ビルマに出征した著者の父親が戦地から家族におくった手紙を紹介しながら、当時を回想したエッセー。
著者は、直木賞ほか数々の文学賞を受賞した作家であるが、すくなくとも本書の文章はよくない。わざわざ書く必要はない個人的な思い違いやなんやらが、綴られていて冗長である。また、「こんにちわ」「こんばんわ」と表記しているのも奇異である。校正でも指摘されるだろうし、凡ミスの訳はないので、何かこの表記にこだわりがあるのか。
それから、当時のことについて記憶があまりなく、「~ではないか。~ではなかったか。」等の推測が多く読者は興味深くはない。

[関連]
『父の戦地』北原亞以子(2008・新潮社)単行本
amazon

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
Secured By miniOrange