スポンサーリンク

『香港デモ戦記』小川善照(集英社新書)

『香港デモ戦記』小川善照(集英社新書)

2020年
‎256頁




目次(収録作品)

序章 水になれ 香港人たちの新しいデモの形
第1章 二〇一四年「雨傘運動」の高揚と終息
第2章 未来のために戦う香港 二〇一九年デモ
第3章 デモの主力・学生たちの戦い
第4章 市民たちの総力戦
第5章 オタクたちの戦い
第6章 敵たちの実相
終章 周庭(アグネス・チョウ)の二〇一九年香港デモ

逃亡犯条例反対に端を発した香港デモは過激さを窮め、選挙での民主派勝利、コロナウィルス騒動を経てなお、混迷の度合いを深めている。
お気に入りのアイドルソングで気持ちを高める「勇武派」のオタク青年、ノースリーブの腕にサランラップを巻いて催涙ガスから「お肌を守る」少女たち……。
リーダーは存在せずネットで繋がり、誰かのアイデアをフラッシュモブ的に実行する香港デモ。
ブルース・リーの言葉「水になれ」を合い言葉に形を変え続ける、21世紀最大の市民運動の現場を活写する。

出典:集英社新書公式サイト

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
Secured By miniOrange